忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 10:49 】 |
湊かなえ『告白』
★あらすじ
終了式の日のホームルーム。退職する女教師は生徒たちに言い放った。

私の娘は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。

その結論に至った分析と推理を、教師は滔々と生徒たちに述べる。
そして決定的な復讐を置きみやげに去っていく。

★感想
2009年本屋大賞第一位のベストセラーなので、お読みになった方も多いと思います。ちなみにウチのは20刷(驚)
いやー面白かったっつーか、すごかったーー! 268ページを1時間半で一気に読み切ってしまいましたよう。

上記あらすじに述べたのは、「第一章 聖職者」の内容で、この事件が軸になって、その被害者と加害者と関係者5人の徹底的な一人称(日記・投稿/手紙・遺書・回想・電話)で事件の真相が露わになり、それに連なる報復と悲劇の連鎖が描かれていきます。
多分多くの評論やら感想で言われてることだと思いますが、各キャラの、生々しい歪みと闇が圧倒的にリアルです。

一応近代文学論で学位もらった身としては(汗)最低でもその作家の全作品と主な評論を読み込んでからじゃないと、評論はもとより、分析めいた感想は書くべきでないと思ってるんですが、敢えて今回は直感的にメッセージ的なことを感じてしまったので、ちみっとだけ書いてしまうと……(あくまで直感ですから~←保身)

大人たちよ。
わたしたち大人は、子供になんか負けはしない。
なぜならわたしたちは、子供など足下にも及ばないくらい歪んでいる。
子供の想像も及ばないほどの、闇を抱えている。
そしてそれらを制御し、飼い慣らして、昂然と羊のふりをして生き続けているのだから。

双葉社の紹介ページ
PR
【2009/06/14 23:17 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<格闘(BlogPet) | ホーム | 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』>>
有り難いご意見
どりが紹介するの
どりが紹介するの?
【2009/06/16 15:25】| URL | BlogPetのコウ #8d381983f3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]