忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 10:50 】 |
佐藤多佳子『一瞬の風になれ』
★あらすじ
神谷新二は、天才サッカープレイヤーの兄と自分との素質の差に見切りをつけ、中学卒業時にサッカーを止めた。
しかし、高校に入学した新二は、天才スプリンターである幼なじみの連の巻き添えを食うように、陸上部に入ってしまう。
「どうして俺の回りには、こんなに天才ばっかいるわけ!?」
再び悩み苦しみながらも、新二はスプリントに打ち込み、ランナーとして、男として成長していく。

★感想
すごぉぉく面白かった! 文字通り寝食を忘れたいくらい(主婦なので現実には忘れられないんですけどね。しくしく)没頭して全3巻2日で読んでしまいました。こんなに没頭できた小説は久しぶりです。
せっかく身体能力が高いのに不器用で要領の悪い新二はもちろん、天才なのにスットコドッコイな連、男気溢れる先輩守屋、風水マニアの先輩浦木、世話焼きで苦労人の根岸、マッスルフェチの関西人桃内、情緒不安定な問題児の後輩鍵山、でっかいトラウマを抱えてるのにいつも飄々としたみっちゃん先生、どこまでも天才のオーラを放つ新二の兄貴健ちゃん、新二たちのライバル仙波や高梨さえ、みんなとても愛しいです。
何故にこんなに愛しいのだろう、と考えるに、おそらく自分の青春時代とダブるからです。青春時代に仲間と打ち込んだものを持つ人ならば……それがスポーツでなくとも(実際どりはブラバンちゃんですし)、自分や当時の仲間たちを思い出して、胸が熱くなることでしょう。勉強は全然しなかったけど、多分アレで良かったんだ。だってあれだけひとつのことに、仲間と一緒に3年間も打ち込めたんだもん! と今更ながら思うことができました。号泣まではしませんでしたが、3冊読む間に、何度もうううっ、ときましたよ( ・ノェ・)コッソリ



講談社の紹介ページ
PR
【2009/02/23 17:55 】 | エンタテイメント | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<湊かなえ『告白』 | ホーム | 田中芳樹 薬師寺涼子の怪奇事件簿『水妖日にご用心』>>
有り難いご意見
どりが勉強したの
どりが勉強したの?
【2009/02/24 14:42】| URL | BlogPetのコウ #8d381983f3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]