忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/22 12:55 】 |
森博嗣『ZOKUDAM』
★あらすじ
小局系事務職OLロミ・品川は、上司に逆らってしまったため(正確に言えば殴りつけた)聞いたこともないような場末部署に左遷されてしまった。
その謎の部署「ZOKUDAM」は遊園地の地下にアジトを持ち、そこでなんと戦闘用ロボットを作っていた。

え、私? 私が乗るんですか? このロボットに!?

しかし仕事は仕事、ロミは流されるまま、イケメンだけど天然でオタク目の新入社員ケン・十河と共に、何冊ものロボットのマニュアルを読み始めた……

★感想
『ZOKU』の続編!?(しゃれにあらず)と思いきや、世界観やキャラや組織が同じだけのパラレルのようです。ですので、これだけ読んでも充分笑えます。『ZOKU』も面白かったけど、どり的には『ZOKUDAM』のゆるゆる感の方がナンボか好きかもです。

あらすじを読むとロボットSFのようですが、いや工学的な部分やらローテクな諜報戦なんかは、さすが森さん、妙にリアルですからSFとして読めないこともないんですが、どり的にはラブコメとして読みました。
ロミはケンのことを結構気に入ってたりするんですが、ケン的にはロミをちょっと変だけど頼りになる面白いお姉さん、としか見ていない。その二人の認識の齟齬と、ロミの妄想が非常に面白い。
ロミが所属するZOKUDAMは一応正義の組織という設定(設定です)になってます。ってことは悪の組織も存在するわけです。そちらの組織は「TAIGON」という名前で、そこにも男女cpがいて、日々ラブコメ的日常を繰り広げていたりします。
その二組のcpをゆるゆる描いたラブコメ……って言っちゃっていいかな?(汗)

光文社の紹介ページ
PR
【2008/03/12 09:46 】 | エンタテイメント | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<法月綸太郎『犯罪ホロスコープⅠ 六人の女王の問題』 | ホーム | 石川雅之『もやしもん 6』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]