忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 10:48 】 |
法月綸太郎『犯罪ホロスコープⅠ 六人の女王の問題』
★あらすじ(表題作より)
人気ライターの虻原が、マンションから転落死した。そのマンションには、長年虻原との確執を抱えた俳優が住んでいた。状況証拠はその俳優を犯人と指し示すように見えた。
しかし虻原は転落死の直前、雑誌の連載コラムに妙な俳句もどきを2首遺していた。「6人の女王にたずねるがいい」という謎のメッセージをつけて。


★感想
悩めるシリーズ探偵、法月綸太郎の、星座をテーマにした短編集。この本には、牡羊座~乙女座の黄道十二宮前半星座6作品が収録されています。表題作は牡牛座がテーマです。後半星座もいずれ出るらしいです。

法月さん本人が、見返しの著者のことばでおっしゃってますように「六つの星座に六つの謎---気楽に読んで愉しめる、そして後にはいっさい何も残さない、そんな娯楽奉仕に徹したミステリー集」です。
うん、おっしゃる通り、シンプルにパズル的な推理を愉しめる短編集です。長編のように、どすぐろ~い気分になったり、ホラー的な描写も、悩める綸太郎も殆どありません。どの作品も、安心して推理に没頭できます。
どれもトリック的には目ウロコで、表題作も( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーって感じでしたが、頭の悪いどり的にはちょっと難しかったです><パズルの好きな方なら大喜びだと思いますが。
個人的には「ヒュドラ第十の首」(蟹座)が一番印象深かったかなあ。手袋の謎が解けた瞬間、うわーそういうことか納得ぅ、とハタと膝を叩きたくなる感じ(いや実際には叩いてませんけど)。

これはこれで面白いので後半星座も期待してお待ちしますが、でもやっぱり『生首にきいてみろ』みたいなずっしり黒いのがまた読みたいですよ。よろしくお願いしますよ(←誰に言ってる?)

光文社の紹介ページ
PR
【2008/03/12 10:39 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<東野圭吾『容疑者Xの献身』 | ホーム | 森博嗣『ZOKUDAM』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]