忍者ブログ
  • 2018.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/20 22:09 】 |
有栖川有栖『虹果て村の秘密』
大好きな有栖川有栖なのに、2003年の出版物を、今頃読んでるってのは、
また図書館で借りたってことです(^_^;
講談社ミステリーランドなんで、さすがに買う根性なくて、
今頃になっちまいました。

しかし、ジュブナイルとはいえ、
さすが有栖川有栖、きっちりロジックでしたよ。
有栖川有栖のキャラ造形や文体はやわらかくて優しいから、
ジュブナイル結構向いているかもしれません。

作中に出てくる女流ミステリ作家の言葉なんですけど、
「小説家はひとりぼっちの孤独な仕事だから、
人からほめられた、けなされたと
喜んだり沈んだりしていてはだめ。
世界には自分と原稿用紙しかない、
と思って堂々と書きなさい」
この言葉だけで、読んで良かったと思ったっす。・゚・(ノー`)・゚・。

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2705621
PR
【2007/04/23 15:34 】 | 児童文学 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<二階堂 黎人『カーの復讐』 | ホーム | 古処 誠二『遮断』新潮社>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]