忍者ブログ
  • 2018.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/17 14:58 】 |
二階堂黎人『鬼蟻村マジック』
二階堂黎人『鬼蟻村マジック』

★あらすじ
アンタレス旅行社の企画部課長代理・水乃紗杜瑠30歳は、長身の美青年。常にイタリアンブランドのスーツを着こなし、何台もの外車を乗り回している。そんな彼の外観に釣られて寄ってくる女性は後を絶たない。
しかしそんな彼の実態は、むやみやたらに多趣味なちゃらんぽらんのオタク以外の何者でもない……

ある日、会社の先輩・臼田竹美が、珍しく残業中のサトルに、突然頼みごとをもちかけた。
「水乃くん、今週末、実家に一緒に行ってくれないかしら? 私の婚約者として」
突然の依頼に驚いて尋ねれば、竹美の本家・上鬼頭家は古い造り酒屋で、その所在地、長野県の鬼蟻村では村一番の分限者であるがゆえ、見合い話が勝手に進められており、それを阻止するためにサトルを婚約者ということにして、親族に紹介したいというのだった。

更に、鬼蟻村では、鬼神様と呼ばれる鬼神をまつっており、つい最近、鬼神様の御札による、上鬼頭家に関する不吉な予言があったのだという。
そればかりではなく、戦中の話ではあるが、軍人が上鬼頭家の屋敷内で鬼神様に扮した狼藉者に斬り殺されるという事件があったのだという。その犯人は屋敷内に追い詰められたのに、煙のように消えてしまい、不可思議な事件として村で語り継がれている。

竹美は、お見合い話の防壁としてサトルを婚約者として仕立て上げると同時に、彼の趣味のひとつである探偵としての能力に期待し、御札と戦前の事件の謎を解くことを求めたのであった。

仕事の〆切が迫っているからと、一度は依頼を断ったサトルであったが、実家に大切に保管してあるという竹美のコレクション……リカちゃん人形の箱まで揃った完品群……につられ、結局は鬼蟻村へと向かうことになり……

★感想
探偵水乃サトルシリーズ最新巻であります。
二階堂氏の作品は、蘭子シリーズの重くて大時代がかったのも面白いですが、サトルのシリーズも、大好きッス。トリックやストーリーは本格なのに、サトルのおかげでひっきりなしに笑えるんですよー。楽しかった~♪

今作、トリック自体はそれほど目新しくはないですが、工夫してひねってありますし、横溝正史ばりの因縁ズルズルの旧家に、怪しいキャラの数々(作者も横溝作品を連想して欲しいらしく、何度も作中で引き合いに出しています)、こういう設定って、やはりミステリファンとしてはワクワクです。

しかも舞台が造り酒屋なので、とっても勉強になりました(笑



原書房の紹介ページ
PR
【2008/09/22 16:28 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<菅野文『オトメン(乙男)』6 | ホーム | 有栖川有栖『妃は船を沈める』>>
有り難いご意見
親族って…なんだ
親族って…なんだろう…?
【2008/09/23 12:49】| URL | BlogPetのコウ #8d381983f3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]