忍者ブログ
  • 2018.01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • » 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/26 06:15 】 |
有栖川有栖『妃は船を沈める』
★構造説明
事件関係者を同じくする中編ふたつと、それをつなぐ幕間の短編で構成された長編。

★あらすじ(第1部「猿の左手」より)
大阪港で海に転落した車の中から、溺死体が見つかる。警察は、自殺or事故の線で始めは捜査していたのだが、次第に不可解な点が明らかになり、他殺の線でも洗い始める。
犯罪社会学者・火村英生と、助手で推理作家の有栖川有栖も、大阪府警の要請で事件の調査にあたることになった。

被害者は、事業の失敗による借金で悩んでおり、自殺の線も充分ありえたが、彼を取り巻く環境から、何名かの容疑者が上がってくる。まずは保険金受け取り人である被害者の妻。それから金を貸していた妻の友人とその養子。
しかし、彼らにはそれぞれ鉄壁のアリバイや、車や海を使っての犯罪には関われない理由があり……

★感想
待ってました! のヒムアリシリーズ長編です。
1部「猿の左手」と、幕間を挟んだ、2部「残酷な揺り籠」には、同じキャラが事件関係者として上がってきます。
その共通する“強敵”(とオビに書いてある)のキャラがすごいんです。美しいっちゅーか、お耽美っちゅーか、男の夢っちゅーか、はたまた女の夢っちゅーか……
このキャラを思いつかれた段階で、アリス先生の勝ちやね!(って、誰と勝負してるかは不明ですが)

そして気になるのは、新キャラの聡明な女刑事……これからヒムアリとどのような関係になっていくのだろう

光文社の紹介ページ
PR
【2008/09/22 16:27 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<二階堂黎人『鬼蟻村マジック』 | ホーム | 有栖川有栖『壁抜け男の謎』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]