忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 10:47 】 |
我孫子武丸『狩人は都を駆ける』
★あらすじ
京都で細々と探偵事務所を営む私の元には、何故か動物絡みの珍妙な事件ばかりが持ち込まれる。事務所の向かいが動物病院なせいかもしれない。私自身は動物が苦手なのに、だ。

その動物病院の院長経由で持ち込まれたのは、ドーベルマンを人質に1000万円を要求する誘拐事件だった。飼い主の富豪の老婦人は、1000万円を出すのは構わないから、孫のために犬を取り戻して欲しいと言うが……(表題作より)

★感想
貧乏のあまりに、苦手な動物絡みの依頼ばっかりを引き受けてしまう、要領の悪い探偵さんの短編集。
動物がいっぱい出てきて楽しいんですが、ひたすらコメディってわけでもなく、きっちりハードボイルドです。犯人・依頼者双方のダークサイド部分もしっかり書き込まれてると思います。
特に表題作はスゴイよ。
そのあたり、さすが我孫子武丸さんだなあと思いました。
『人形~』シリーズなんかも楽しいラブコメ要素ミステリかと思いきや、結構残酷な部分とかもありますもんね。
必要ですよね、小説にはそういう部分。

ところでこの『狩人は~』の探偵さんは、謎のユーモア名作?『ディプロトドンティア・マクロプス』と同じ人なんだそうですが……( ̄□ ̄;)!! 『ディプロ…』の方は品切れ未定ですかっ!?

http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/26/56/9784163265605.shtml
PR
【2008/02/01 10:40 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<西澤保彦『収穫祭』 | ホーム | 森奈津子『西城秀樹のおかげです』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]