忍者ブログ
  • 2018.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/14 16:36 】 |
高里椎奈 薬屋探偵怪奇譚『天上の羊 砂糖菓子の迷児』
★あらすじ
妖怪雑事相談所「深山木薬店 改」に、ひとりの少女が持ち込んだ事件は、妖の仕業としか思えないものだった。少女の姉は、富士の樹海で失血死した。しかしそれは、体にひとつも傷の無い失血死だったというのだ。
店長リベザルは早速事件の調査に乗り出すが、何故か師匠の秋は事件解決に乗り気ではない。

謎の失血死は、やはり吸血系の妖の仕業なのか? それとも人間の……?


★感想
実はこのシリーズ「妖奇譚」の頃から欠かさず読んでます( ・ノェ・)コッソリ
いや( ・ノェ・)コッソリする必要は無いんですが、やっぱり何だか、乙女系だからぁ(*ノノ)キャ

でもでもこのシリーズ、設定は正に乙女系、ファンタジー風味なんですが、事件の真相は生々しかったりするんですよう。
今作も「えっ、こんな殺し方があるのか!?」とびっくりしましたですよー。
講談社の紹介ページ
PR
【2008/10/07 20:23 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<綾辻行人『深泥丘奇談』 | ホーム | 藤木稟 探偵朱雀十五『化身』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]