忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/22 12:55 】 |
伊坂幸太郎 『陽気なギャングが地球を回す』 祥伝社文庫

「遅っ」と言われそうですが、今頃読みました。伊坂幸太郎作品は結構読んで
いるのですが、これは何故かまだ未読でありまして、文庫になったのでさっそく
購入しました。

 昼食を摂りながら読み始めたのですが、やめられず止まれず、一気にそのまま
読了してしまいました(といっても1時間半)。いやはや、愉快痛快、読みながら
ずっと頭の中で「ルパンルパ~ン♪」とリフレインしておりました。

 これってノワールですよね?いくらオシャレでロマンチックでも、銀行強盗は
犯罪ですもんね?てか、ルパン(元祖)からつながる、怪盗物かな?

 現実からちょっとだけずれていて、ほどよく荒唐無稽な物語ってのは、
どり的には大好きであります。更にスピード感のある文体に、伊坂さんたら
お若いのに、シニカル且つ気の利いた警句も随所にちりばめられている。

 しかも!これ大事ですが、見事なキャラ立ち(笑)。4人のギャングそれぞれが
見事に立っております。

 伊坂作品は、確かにリアルさには欠けるでしょう。無理な設定も随所に見られます。
しかし、それでも現実の鏡であることは間違いなく、リアル不足を補って余りある
力強い物語もあります。

 そしてキャラ立ち(しつこい)。なんで自分が伊坂作品が好きなのか、
コレで良くわかりましたよ(笑)。

 この作品は映画化され、今春ロードショーです。主人公の成瀬が大沢たかお
ってのも、クールな視線がぴったりかと思いますが、響野の佐藤浩市が楽しみです。
どんだけしゃべり倒してくれるかなっと。
http://www.shodensha.co.jp/s-book/shink3.html

PR
【2007/04/23 14:56 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<岡嶋二人『99%の誘拐』(講談社文庫) | ホーム | 島田荘司 『エデンの命題』(光文社カッパノベルス)>>
有り難いご意見
通りすがりのものです
はじめまして、ブログペットから失礼します。
伊坂幸太郎さん、わたしも好きで新刊が出ると買っています。
「陽気なギャング〜」読み始めたら止まらなかったの一緒です〜。実は表紙があまり好きではなかったので中身もどうかと(食わず嫌いですみません)思っていたら大当たりでした。次の「陽気なギャングの日常と襲撃」も面白いですよ。
あと、佐藤浩市の響野いいしゃべりしてたと思います。
では、長々と失礼しました。
【2007/05/16 20:56】| | くみ #9b10e70944 [ 編集 ]


カキコありがとうございます!
くみ様>カキコありがとうございます!
伊坂さん面白いですよねー
確かにあの表紙は引きますよね(笑)
続編もぜひ読みたいと思っております!
映画も借りようっと♪
【2007/05/17 10:26】| URL | どり #9a7c789dd7 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]