忍者ブログ
  • 2018.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/15 00:22 】 |
岡嶋二人『99%の誘拐』(講談社文庫)

たまたま、連続して犯人視点(三人称ですが)のミステリを2冊続けて読みました。

 この『99%の誘拐』は初版が1988年なのですが、2005年の「この文庫がすごい!」のミステリ&エンタメ部門1位になっているのです。よーするに名作ってことですな!

  物語自体は、とても面白いです。12年の時を超えたふたつの誘拐の真の関係が見えてきたときは「おお!」ですし、主人公=犯人の行動もドラマチックでロマンチック。三人称とはいえ、感情移入するのは、どうしても主要視点である犯人です。ですから、どこで破綻するかと、ドキドキできますし、成功して欲しいと心から願ってしまう。犯人が若い男性であることも、ドキドキの要因かもしれませんが(笑)。

  それから驚いたのは、コンピュータを駆使した事件だってことです。88年に書かれたものですよ!岡嶋さんの片割れ(岡嶋二人は2人の作家の合名です)井上夢人さんがいくら専門家とはいえ、当時こんな犯罪方法を考えていたとはさすがです。どりのレベルでは、現在読んでも、驚きの技術とトリックであります。犯人、すっげ頭いいな~、と思いました。

  10数年経っても読み継がれている理由は納得!って感じですが、コンピュータに詳しい方には、色々クレームもあろうことかと存じます。しかしそこはアレ、20年近く前の作品なんだからと思って、寛大な心で読んだらきっと楽しめるんじゃないかと。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2747871

PR
【2007/04/23 15:07 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<石持浅海『扉は閉ざされたまま』(祥伝社ノン・ノベル) | ホーム | 伊坂幸太郎 『陽気なギャングが地球を回す』 祥伝社文庫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]