忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/22 12:54 】 |
藤木稟『バチカン奇跡調査官』
※最初にお断りしておきます。
敬虔なカトリックの方がもしこの記事に迷い込まれてしまわれました場合、回れ右された方がよろしいかと存じますm(__)m
てか、そういう方はおそらくタイトルだけで引かれてるとは思いますけれど、念のため……


★あらすじ
バチカン奇跡調査官の平賀・ヨゼフ・庚と、ロベルト・ニコラス両神父は、奇跡申請の調査にアメリカの修道院に出向くことになった。
その奇跡とは尼僧の「処女懐胎」というカトリックでは絶対に認めることのできない内容のものであり、普通ならば姦淫を犯してしまった罪悪感からくる妄想であると一蹴すべき種類のものである。しかし、敢えてそれを調査に出向くように命じられたのは、その奇跡の裏に、バチカン=カトリックの暗黒面……派閥争いや金絡みの裏社会との繋がりなどが潜んでいると上層部が読んだからである。
ふたりは早速アメリカ南部のセントロザリオ学園へと飛んだが、到着早々、神父の殺人事件が起こり……

★感想
神父さんて萌えですよね。何でだろ。
実際BLのキャラにしてらっしゃる方大勢いらっしゃいますもんねえ。
基本は『薔薇の名前』ですかね? ええ大好きです(笑)
やはり腐の範疇ですか、この萌えは?

神父さんてだけで萌え要素は満載ですが、この作品の設定は更にすごい。
探偵役の平賀神父は、天才科学者で女顔の美青年、しかし生活能力は皆無。
ワトソン役のロベルト神父は長身の黒髪ラテン、古文書研究家(てかオタク)そして平賀が大好き。
扉絵のTHORES柴本さんのイラストがまた萌えを煽りますよ。床ローリングものですよ。
そんでもって舞台になる修道院には、付属学校まであるんですよう。もちろん全寮制男子高(;´Д`)'`ァ'`ァ

藤木稟さん、萌えキャラを作られるのが本当に上手いと思います。
藤木さんと言えばやはり「朱雀シリーズ」でしょうが、このシリーズの盲目の美青年探偵朱雀十五も萌えですよね! 性格が悪いあたりが特に。大戦前夜という時代設定も好きだ~。

と、萌え語りばっかりしてきましたが、ミステリとしても面白いです。もちろん。
殺人事件は、殉教者の死に様をなぞった神父連続殺人事件へと発展していきます。
ふたりの調査が進むにつれ、修道院の怪しさと謎もどんどん深まり、怪しいキャラも増えていき、ホラー的なドキドキも高まり、オチは藤木さんらしい、あっと驚く大仕掛け!
あり得ない~! と思いつつも、ドキワクしましたー。



角川書店の紹介ページ
PR
【2008/05/08 16:06 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』 | ホーム | 東野圭吾『容疑者Xの献身』>>
有り難いご意見
付属するの?
付属するの?
【2008/05/09 09:07】| URL | BlogPetのコウ #8d381983f3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]