忍者ブログ
  • 2018.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/20 05:31 】 |
高田崇史『QED flumen 九段坂の春』

★あらすじ(表題作より)
桜咲く九段坂で、桜の枝に刺された男性の遺体が見つかる。
中学生の桑原崇は、その坂を教師の五十嵐弥生と共に歩き、弥生から、平安朝までの和歌に関する意味深な解釈を聞かされる。
しかし、弥生は同じ日、自分が学校を退職し、地元の和歌山に帰ることにしたと崇に告げる。
それは崇の初恋の終わりだった……

★感想
QEDシリーズ番外編と言ったところでしょうか。(シリーズ14作目だ! すげー)
美しいタイトルを持つ、4つの連作短編から構成されています。
「九段坂の春」
「北鎌倉の夏」
「浅草寺の秋」
「那智瀧の冬」
それぞれの短編の中で、このシリーズのレギュラーキャラ、桑原崇、棚端奈々、小松崎良平、御名方史紋の青春と恋が語られます。
それと同時に、4つの話の中でおきる事件が、実はつながっているということも明らかになってきます。真相は「那智瀧の冬」で明かされます。
そして、レギュラーキャラたちはこの本の何年か後、出会うべくして出会ったのだなあ、とシリーズの先々も楽しみになったりして。
うーん、美しい構成だ~(しみじみ)

それにしても、タタル(崇)くんの初恋は結構衝撃的だったよ(笑)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1825445

PR
【2007/09/30 15:47 】 | 国内ミステリ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<有栖川有栖『女王国の城』 | ホーム | 石田衣良『池袋ウエストゲートパークⅦ Gボーイズ冬戦争』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]